Profile

サヱグサ レコード ™
スタンダード・ナンバーが大好物で癒される音楽を聴く傾向にあるので・・マッタリした作品を紹介する事が多いです。
購入に関してはトコトン試聴する派。
JAZZの演奏についての知識はゼロなので雰囲気で聴いています。
その他、可愛いグッズ・育てている植物とか紹介します。

Blog Ranking
リコーダーがなければ尺八を吹けばいいじゃない↓↓
Disc Jacket
Search+

Tags
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

 

'20/04/12 人間の活動が影響?
michel saru night blossom
Night Blossom|Michel Sardaby(1990)

1.Madrugada
2.Maelstrom
3.For All We Know
4.Way Farer
5.Falling In Love With Love
6.Night Blossom
7.Farewell Tokyo
8.Single Petal Of A Rose

Michel Sardaby(p)
Jay Leonhart(b)
Albert Heath(ds)



昨日の土曜日は通院で神戸に行く必要があり、電車に乗って行きました。
この時期、春霞で空気がやや透明度を失うのが普通なのに・・・観えるんです!!明石海峡越しの淡路島の桜や観覧車や山の木々の表情が。

前職では毎日、三宮まで通勤していたのですが・・そんなの私の眼では観えた事がないんです。
これってもしかして、人間の行動が制限されたから?空気が澄んだの?と考えてしまいます。
人間の目にはコロナの影響で、今年の桜は物悲しく感じますが。地球上の自然や生物から云わせたら「知ったこっちゃねーよっ!!」なのかも知れませんね。
そして私が子供の時と少し生物も変わってきているような気がします。
名前も知らない鳥をよく見るんです。調べてみたらイソヒヨドリかな?と思います。磯と名前に付いていますが、最近は内陸にも進出しているようです。とっても綺麗で渋い色の背中が青い鳥です。うん、昔は見たことない。
そして昨日は、「家の近所に、九官鳥がいる!!それも沢山」と驚いたのですが・・・調べるとハッカチョウという鳥のようです。
この鳥も昔は見なかったですね。
身近な変化では水田の減少で、すっかり蛙は減ってしまいました。特に、アマガエルの減少は凄い勢いです。
人間の活動が色々自然に痛みを与えているんだろうなと、感じる今日この頃。

↓皆さんは骨盤で呼吸していますか?

スポンサーサイト



 

まるでコイだね。
2020032901
また新しい睡蓮鉢買ってしまいました( ´∀`)
綺麗な和金さんもヤフオクで購入してみました。
近所では綺麗な銀鱗和金はあまり売っていないので。
コロナで何かと気が滅入る日々ですが、金魚さんの餌くれダンスに癒されます。(まだ若干警戒されてますが)
('20/03/29)

↓手洗い、うがい、クリック。

 

パソコンさんがお亡くなりに。
と、云う訳でスマホで書いてます。使い方がわからないょ~。
普段は画像のサイズの変更とかパソコンでやってるから(-_-;)
まぁ何事も経験ですね。

↓は杭全鮒金(クイタフナキン)を飼育してる瓶です。
2020022401
魚さん達が落ち着ける様に、人工の水草と砂をいれました。
以前より落ち着いてます。
(時々、気が狂った様に泳いでますけど)
まだ懐いてくれていないので、メッチャ警戒されています。
早く餌くれダンスしてくれないかなぁ。('20/02/24)

↓スマホのコピペのやり方がわかりません。

 

杭全鮒金(くいたふなきん)始めました。
杭田鮒金200215

正月から飼い始めました。一緒に写っているのはタイリクバラタナゴです。
杭全鮒金は金魚と鮒のハイブリットみたいです。和金より体型がコロッとしている所が可愛いと思い飼いました。
25リットルぐらい入る瓶で飼育しています。

瓶の中の色が白なので、魚の色が飛んでしまっていますが・・・。
成長が楽しみ。

↓腕白でも良い逞しく育ってくれれば。

 

007|Love from Detroit|Susan Tobocman
スーザン・トボックマン★★★★
Love from Detroit|Susan Tobocman(2019)

久しぶりにタワー・レコードの店舗でCDを購入しました。友人との待ち合わせの時間に何と無く。何年ぶりってぐらいに。流石に売り場の面積も狭くなり、品揃えに関しても「たったこれだけ?」って感じましたが・・・聴き放題、ダウンロード、amazonが便利な時代なので仕方がありませんよね。ネットで試聴してCDで所有しておきたいと云う「時代遅れ人間」なのは、痛感いたしました。でも、いいじゃない。(開き直り)
で、今回購入したのが…当りです。スーザン・トボックマンさん、あの評論家の方が推してらっしゃいましたが…試聴してもイマイチ”ビビ”っと来ませんでして、1st,2ndは購入しておりませんでした。でも3枚目の本作は気に入りました。これ凄く良いです。声を若干張ったりするところが「昔のクラブシンガー」的で煌びやか。そして、曲の中での強弱が実に絶妙。判ってらっしゃる唄い方です。ライブでこれだけ唄えるって凄いと思います。妙な説得力もあるし、意味不明なスキャットとかしないし←ココ重要。それと、選曲も好き系。(自作の2も良いよ)
ちょっと高級で華やかな歌唱、将来的にはJulie Wilsonみたいな素敵な歌手になってくれそうなポテンシャルを感じました。(あくまで個人的感想です)
The Cliff Monear Trioもツボな歌伴で素敵度が高い一枚だと思います。('20/2/11)

1.Let's Face the Music and Dance
2.The Way to You
3.I Should Care
4.Jim
5.I Could Have Danced All Night
6.Too Late Now
7.Fragile
8.Frim Fram Sauce
9.Every Time We Say Goodbye
10.I Wish I Knew
11.Isn't It a Pity?
12.Touch and Go
13.I'll Be Seeing You

Susan Tobocman (vo)
Cliff Monear(p)
Paul Keller(b)
David Taylor(ds)



↓ニュクニュク。